MQAで聴く女性ボーカル

 

第7回 ジョニ・ミッチェル/ブルー(MQA-CD)

 

 

鼻にかかったような

ハスキーな歌声が

L.A.の乾きを運ぶ

文:野村和寿


アーチスト:ジョニ・ミッチェル

ジャンル:ジャンル:ロック・シンガーソングライター

音源:ワーナーミュージック・ジャパン

 

アナログ・テープを基にした2013年192kHz/24bitマスターを176.4kHz/24bitに変換しMQA-CD化したものです。

 

2,800円 + 税(生産限定盤)

◎実際の販売価格は変動することがあります。

 

 



■収録曲 

1,オール・アイ・ウォント 

  ALL I WANT 3:34  

2,マイ・オールド・マン  

  MY OLD MAN 3:34 

3,リトル・グリーン

  LITTLE GREEN 3:27

4,ケアリー

  CAREY 3:02 

5,ブルー

  BLUE 3:05 

 

6,カリフォルニア

  CALIFORNIA 3:51   

7,ディス・フライト・トゥナイト

  THIS FLIGHT TONIGHT 2:51

8,リヴァー

  RIVER 4:04  

9,ア・ケイス・オブ・ユー 

  A CASE OF YOU 4:22  

10,リチャードに最後に会った時

  THE LAST TIME I SAW RICHARD 4:15 

 


■マスタリング:ワーナー・エレクトラ・アトランティック・スタジオ 

   ジャスティン・スミス カリフォルニア州バーバンク

   Mastered by Justin Smith, Warner Electra Arkantic Studio,Burbank,California

 

■発表:71年(リトル・グリーンは 67年発表)

 All selections copyright 1971,Joni Mitchell Music (BMI)

 Except "Little Green,"copyright 1967 Siquomb Music(BMI) 


 

ジョニ・ミッチェルは、アメリカ西海岸、ウェストコーストを代表するシンガーソングライターです。もう少しいうと、カリフォルニア州北部バーバンクを中心とするアサイラム・レコード(71年デイヴィッド・ゲフィンとエリオット・ロバーツが設立、現在ワーナーミュージックの傘下にあります)に集う面々の音楽が、ウェストコースト・サウンドまたは、ウェストコースト・ロックと呼ばれる音楽です。

 

ウェストコースト・サウンドは、80当時の音楽ファンにとっては、カリフォルニアの青い空と同じ意味であり、このサウンドを聴くには同じウェストコーストの雄、スピーカー・メーカーJBLに、日本の音楽ファンはあこがれを持っていました。

 

さて、このアルバムに戻りましょう。アルバム『ブルー』が発表されたのも同じ、71ですが、ジョニ・ミッチェルの歌に大いに刺激を受けた人たちの中には、かのアメリカを代表するシンガーソングライター ボブ・ディランもいたくらいです。

 

75年に彼が発表した『血の轍(わだち)(BLOOD ON THE TRACKS)』というアルバムの1曲め、「ブルーにこんがらがって(Tangled Up in Blue)」という曲があるのですが、これは、ジョニ・ミッチェルの本アルバム『ブルー』に大いに影響を受けて「ブルー」という名前を入れた曲を作曲したほどでした。

 

『ボブ・ディラン 血の轍』(BLOOD ON THE TRACKS)‘75年  ソニー・ミュージック  ¥2,137  (税込価格)
『ボブ・ディラン 血の轍』(BLOOD ON THE TRACKS)‘75年 ソニー・ミュージック  ¥2,137 (税込価格)

  

同じレコード会社の後輩たちには、イーグルス、リンダ・ロンシュタット、ジャクソン・ブラウン、J.D.サウザー、ジャクソン・ブラウンといったあとあとウェストコースト・サウンドを処って立つすごい面々を輩出していったのですが、彼らにとっての旗頭ともいえる存在の女性シンガーソングライターがジョニ・ミッチェルだったのです。

 

ジョニ・ミッチェルのそれほどのカリスマ的な魅力はなんだろう?と、アルバム『ブルー』に収録されている10曲をCDに付属している訳詞をみながら聴いていくことにしました。

 

1曲め「オール・アイ・ウォント」に出てくる「たった一人で旅しているの」「恋を通してあたしがしたいのは、あなたとあたしの一番いいところを引き出すことなの」

 

ひたすら、男の帰りを待つ女・・・。前回取り上げたテレサ・テンうたうボーカルとは真逆のような恋に対するまさに女性の強気の攻めの姿勢です。

 

4曲め「ケアリー」では、「あなたってホントに嫌な奴ね、でも好きよ」と突き放すようでいて、殺し文句も語ります。

 

7曲め「ディス・フライト・トゥナイト」の「あなたのその愛の光が好きよ」「お願い、このあたしの可哀想な心に明かりを灯して」「あなたを頭から追い出せない」と、女の強さのなかに、時折弱さの片鱗もみせるのです。この恋のギャップに揺れる女です。

 

8曲め「リヴァー」「愛する人にサヨナラを言わせてしまった」といい、

9曲め「ア・ケイス・オブ・ユー」では、「愛が壊れる手前・・・あなたはとても苦くて、甘い・・・愛とはふれあう魂・・・」と微妙な女心をかいまみせます。

10曲め「すべての恋愛はいつか必ず同じ運命に出会う」というフレーズで結ぶのです。

 

これまで歌詞をたどっていくと、ジョニ・ミッチェルの一筋なわではいかない強さと弱さを複雑にからめた歌詞からもみえてくるようです。ジョニ・ミッチェルは、ちょっとハスキーで鼻にかかったような歌声です。とくに、ハイノートと呼ばれる高い音域にかかったときの、彼女のファルセット(裏声)になった、その声の変わりめにさしかかるところが、なんともいえず、かっこういいのです。

 

透明感のある歌声でうたってみせる。アコースティック・ギター1本あるいはピアノ1つの弾き語りで、シンプルにうたってみせるのです。ボーカルを盛り立てるために、バックには控えめなピアノやギターが静かに刻み、小刻みにパーカッションが間の手を入れるという曲もあります。しかし、ひたすら聴き手は、彼女の歌に翻弄されっぱなしなのです。

 

ジョニ・ミッチェルがウェストコーストの後輩たちに憧れられる存在なのは、先ほどいいました、かっこういい強気の女性と、弱さの片鱗がちょっぴりとのぞかせる、そんなところが、彼女に込められ、歌のもつ力の広がりや、大きさに圧倒されているからかもしれません。

 

ジョニ・ミッチェルは、80年代は、オーディオのアナログ試聴盤としてもよく聴かれていました。きっかけは、80年代のウェストコースト・サウンドのインタビューをひもとくと、必ずと言ってよいほど、彼女の名前が登場するので、すでに、71年とその約10年前にリリースされていた本アルバムを、アナログの試聴盤として使ったのです。 

 

好評連載中!

ナナ・ムスクーリ
ナナ・ムスクーリ
バルバラ
バルバラ
ダイアナ・ロス
ダイアナ・ロス
コニー・フランシス
コニー・フランシス
リッキー・リー・ジョーンズ
リッキー・リー・ジョーンズ
テレサ・テン
テレサ・テン
アニタ・ベイカー
アニタ・ベイカー
サビーヌ・ドゥヴィエル
サビーヌ・ドゥヴィエル
カーペンターズ
カーペンターズ

 

おすすめ記事

マリア・カラス
マリア・カラス

JBL4311A 76年発売 写真提供:Vintage Audio Just Friends


 

80年代当時のオーディオのキイ・ワードは、「実体感」と呼ばれるワードでした。あたかも眼前に、アーチストが存在するごとく、コンサートのかぶりつき席で、アーチストのサウンドを体中に浴びてみたいというコンセプトで、よく使われていたスピーカーが、オーディオのウェストコースト・サウンドを代表するJBLの4311Aスタジオ・モニターと呼ばれる、少しこぶりのスピーカーでした。

 

この4311Aの特徴は、アメリカのFM局などのモニター・スピーカーとして、ニア・フィールド・モニター(近接試聴)用として開発されていたので、低音を受け持つ白いウーハーが上側についていたことでした。少し大きめのボリュームで、よくジョニ・ミッチェルを試聴しました。それはのちのち、オーディオ界では、「実体感」VS「音場感(ステレオイメージ)」を生みます。

 

「音場感」とは、むしろ周囲の雰囲気のなかでぽっかりと音が浮かぶようなオーディオを目指すことにあります。しかし、こと80年代までは、やはり「実体感」こそが主流だったように思います。まさに「かぶりつき」「ひとりじめ」のサウンドでした。

 

80年代にJBLの本拠地である、アメリカ・ロサンゼルス近郊のバーバンクに取材に伺ったことが有りました。ウェストコースト・サウンド発祥の地と同じバーバンクです。

 

JBLのだだ広い工場の敷地は、ビールメーカー・バドワイザーの隣に位置していました。まさに、カリフォルニアの青い空、のどがすぐにからからに乾き、バドワイザーでのどを潤すのが最高の時でした。

 

乾燥した大地で、乾燥したウーハーから流れ出るウェストコースト・サウンドに、湿り気はみじんもありませんでした。

  

次の記事

 

 文:野村和寿

 



■ジョニ・ミッチェル/ ブルーのMQAはダウンロードでも発売中!

 

ブルー(Blue)

アーチスト:ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)

 

ワーナーミュージック・ジャパン

https://www.e-onkyo.com/music/album/wnr21805/

ファイル形式 

MQA Studio 192kHz/24bit

2,409円(税込価格) 

 

※ 収録曲は、MQA-CDと同一です。実際の価格は変動することがあります。



執筆者紹介

78年FMレコパル編集部に参画して以来、約20年にわたりFMレコパル、サウンドレコパルと、オーディオと音楽の雑誌編集者を長く務める。誌上では、オーディオのページを担当するかたわら、新譜ディスク紹介のページを長く担当した。海外のオーディオ・メーカーの取材の際、宿に戻り遠く離れた土地で日本のボーカルを聴いてジーンときたという体験をし、ボーカルがいかにオーディオに人の心にダイレクトに響くかに開眼した経験をもつ。 

 

ポップスやロック、ジャズ、クラシックといった多方面のアーチストと交流を深めるうちに、音楽はジャンルではなく、その楽しさにおいては、なんら変わらないことに確信を持つ。ハイレゾの今日に至るも、ますます、お薦めボーカルをジャンルを取り払って探していきたいと思っている。 

好評連載中の『MQAで聴くクラシックの名盤』はすでに連載が17回を数えている。

 

 


しみじみとして心が静かになるまさに天使の歌声!

第1回 ナナ・ムスクーリ〜ベスト・セレクション(MQA-CD)

 

「眼鏡美人の歌姫」といえば、ナナ・ムスクーリが挙げられると思います。ナナ・ムスクーリの歌声は、まさに「天使の歌声」と活躍した当時いわれたボーカルです。ちょっと細身で、よく女声特有の、高音が、きんきんと響かせるすることがなくて、美しく清らかで、どこまでいっても、しみじみと、実に清楚に人生を(続きを読む)

 

 


熱き塊 ぐいぐいと引き寄せられるうた 詩のなかに人生が聴こえてくる

第2回 バルバラ〜ベスト・セレクション(MQA-CD)

 

「バルバラ(30−97年)は、ピアノ弾き語りの自作自演のフランスのシャンソン歌手です。バルバラの名前はずっと昔に、ステレオサウンド誌で、著名なオーディオ評論家・瀬川冬樹氏(35−81年)が、ご活躍されていた70年代後半に、よくバルバラのアナログ盤を試聴に使っていらしたのを思い出します。(続きを読む)

 

 


ストレートな歌声に懐かしくなって思わず身体が動いてしまいそうになる

第3回 ダイアナ・ロス エッセンシャル・ベスト(MQA-CD)

 

ダイアナ・ロスの豪華なベスト盤が、MQA-CDで聴けるようになりました。1曲(1曲だけ08年リリース)をのぞいて、71ー81年にリリースされた楽曲からピックアップされたベスト盤です。CDが登場したのは、82年のことなので、最初のリリースは、アナログ盤でリリースされていたナンバーです。80年当時(続きを読む)

 

 


小悪魔的でやんちゃでかわいくて・・・聴くとリフレッシュできる!

第4回 コニー・フランシス ベスト・セレクション(MQA-CD)

 

コニー・フランシスは、アメリカのキュートな女性ボーカルです。キュートとは「(若い女性や子どもが)きびきびしていてかわいいさま」をいいます。ちょっと小悪魔的でやんちゃなティーン・エージャーといった風情。主に活躍したのは、50年代から60年代。それが今回、MQA-CDとなって見違えるほど(続きを読む)

 

 


勝ち気な小娘が挑発してくるような素敵なのりのボーカル

第5回 リッキー・リー・ジョーンズ /浪漫  RICKIE LEE JONES (MQA-CD)

 

ベレー帽を小粋にかぶり、伏し目がちに極端に短くなったシガーを口にくわえた女性が、リッキーその人です(当時 24 歳)。このジャケットを撮影したのは、高名な写真家ノーマン・シーフ(アップルの創業者スティーヴ・ジョブズのフォトで有名です)。私がリッキーのアルバムと最初に出会ったのは、いったいいつ頃 (続きを読む)

 


せつなさ、柔らかさ、しなやかさを全身で受け取れる日本のソウル・ミュージックです!

第6回 テレサ・テン ベスト・ヒット (MQAダウンロード)

 

今回はテレサ・テンをご紹介しましょう。まさにそれまでの演歌界に新風を吹き込んだ、「アジアの歌姫」の日本への降臨です。それまでの演歌は、こぶしを多めに効かせた節の歌い回しや、声をふるわせるビブラートをゆっくりと多めにかけて、あふれ出るような熱情を過度なまでに突出させてうたうというのが演歌の定⽯(続きを読む)

 


このゴージャスさはいったい何?いま聴いても極上のパフォーマンスです

アニタ・ベーカー
アニタ・ベーカー

 第8回 アニタ・ベイカー (MQA-CD)

 

86年アルバム・リリースされたアニタ・ベイカーの『ラプチュアー』は、よくFM放送から流れていた音楽でした。一日の仕事が一段落する夕方近くになると、車の中から流れてきたのを覚えています。FMが普及する前は、在日アメリカ軍のFEN(’97年にAFNと改称)が、ノンストップで音楽を流していて、早い物好きの音楽ファンはこぞってFENの早口のDJの放送を聴いていました。 80年代後半は(続きを読む)

 


モーツァルトの軽やかで愛らしい透明感のあるアリアに心洗われる!

サビーヌ・ドゥヴィエル
サビーヌ・ドゥヴィエル

 第9回 サビーヌ・ドゥヴィエル

 

 今日はクラシック、それもきっと誰もがご存知のモーツァルトです。といっても、大仰に構えることはなく、ちょうどウィーンにある洋菓子店カフェ・モーツァルトのチョコレート菓子・クーゲルのように、口に入れると、甘さがあふれるような新鮮さに満ちている音楽です。コロラトゥラ・ソプラノという高音域の女声の歌い手サビーヌ・ドゥヴィエル(フランス)が、小さな18世紀当時を思わせる (続きを読む)

 


カーペンターズの平穏無事なゆったり感を今こそあじわいたい

カーペンターズ
カーペンターズ

 第10回 カーペンターズ

 

 1977年のGWの狭間の土曜午後、大学生だったぼくは、心の中でですが「やった!」と叫んでいました。ちょうどその日は、FM東京の『日立サウンドイン・ナウ』という番組で、ノンストップの「カーペンターズ」のGW特集があり、いつもより高級なグレードのカセットテープを買い込んで、FM誌で、曲のタイミングを入念にチェックし、ちょっと録音ミキサーにでもなったような気持ちで・(続きを読む)