USB DACでMQA再生する


 

◎USB DACでMQAを再生するには? 

 

ハイレゾ再生・・・MQA再生に対応したUSB DACが必要です。

 CD同等再生・・・通常のUSB DACでもCDクオリティ以上で再生することができます。

※1 e-onkyoで販売されているMQA音楽ファイルは、FLAC形式です

 

◎動作確認ソフトは?

 

Mac環境/AudirvanaとVox

Windows環境/Foobar2000 (Foobarでの再生については下記マニュアルをご覧ください)

 

◎メリディアンのMQA再生対応機は?

 

Explorer2, Primeヘッドフォンアンプ ・・ヘッドフォン出力&オーディオ出力(USB入力のみ)

Ultra DAC、818v3、808v6 ・・USBとネットワーク再生に対応

 

◎再生ソフトで何か設定が必要ですか?

 

①    PC/MAC側のボリュームコントロールを最大MAX値にしてください。

②    PC、再生ソフト側のサウンドイフェクトやミキシング機能などは、すべて無効化してください。

 

①②が行われないと、USB DAC側でMQAファイルとして認識されません。

 

◎MQAが正しく再生できているか、判別できますか?

 

MQAファイル再生時には、インジケーターが点灯、あるいはディスプレイにMQAの表示がされます。

 

詳細は、再生ソフトやDACの説明書をご参照ください。


 Foobar2000 でのMQA再生マニュアル


ダウンロード
Foobar2000のMQA再生設定について.pdf
PDFファイル 877.2 KB

MQA再生時のボリューム設定について


ハイレゾ再生は可能だがMQAファイルのみ認識しないとき(音は出ている)

 

再生ソフトのボリューリュームを最大(-0.0dB)になっていることをご確認ください。下記にFoobar2000の例を示します。他のソフト(OS)でも同様に確認してください。

 

同じく再生ソフト側でその他の音質調整機能、ミキシング出力などは、すべて無効化してください。

Foobarのボリュームは、マウスがタッチすることで意図せず動いてしまうことがあります。わずかな音量ダウンの場合、パソコンの画面上では認識しにくい場合があります。MQAの認識にのみ、問題がある場合は確認してください。

 

Foobarなど再生ソフトのインタフェース画面でボリュームが最大になっていれば〈フルビット出力された状態で〉MQAファイルとしてPRIMEやEXPLORER側で認識して、MQA動作を示すランプが点灯します。

 

その他PC側でボリュームを下げてしまうと、MQAファイルは、通常の44/48kHzのPCMファイルとして出力されるため、PRIMEやEXPLORER2側ではMQAとして認識できません。

 

通常のハイレゾファイル再生でもPC、再生ソフトからの音量調整は可能ですか、音質上、同じく最大出力でのご使用をお勧めします。