818v3

Reference Audio Core

リファレンス オーディオコア・DAC

      《 前ページ 次ページ 》テクノロジー

 

Meridian 818は、1998年の初代モデルが販売されました。デジタルとアナログオーディオの境界を越えた、ユニークな構成の「DAC搭載DACシステム」としてオーディオ業界でのベンチマークの対象となっています。

 

CD,DVD,ネットワークと音楽ソースが多様化する中で、良質なDA変換のクオリティを求めると共に、単なるDACではなく、より使い勝手の良いオーディオシステムのコア・コンポとしての多彩な機能を集約。

 

プリアンプとして、またネットワーク・再生機としても吟味された機能とエレガントなデザインを継承してきました。818v3では、MQAデコード、DSD再生にも対応すると共に、ハイレゾ再生にふさわしいアナログ回りの基板、電源回りの見直しにより音楽を楽しむ道具としての、完成度をさらに高めています。

 

さらにUSB DACや同軸デジタル入力も強化するなど、デジタル化する世界の音楽トレンドを見据えて吟味された機能を取り込んでいます。

 

Meridian The Ultimate Home Audio system hub


メリディアンの技術ノウハウをエンハンスドDSPチップに投入。

MQA/DSD再生にも対応。

 

 

 メリディアンは世界初のロスレス音声圧縮技術MLPや世界の3大メジャーと協業を進めているハイレゾ技術MQAなど常にデジタル音声の先頭に立ち続けています。

 

 今回のバージョンアップでエンハンスドDSPチップによりリップシンクロやMQAデコーダーのビルトイン、DOP、DXD入力など処理能力をさらに向上させました。

 

 美しい音楽を味わうためのパフォーマンスと機能をメリディアンらしい独創的な発想でバランスさせたDACシステムです。


ネットワーク再生とPCオーディオ再生のどちらも選択可能。 

フレキシブルかつ充実した、入出力端子で拡張性にも配慮。

 

 

写真はクリックで拡大します。
写真はクリックで拡大します。

音楽とのインタフェースとして使いやすいシンプルなデザイン。

 

801v6は、単に最良のCD再生のみなならず、音楽ファイルの再生においても高いクオリティと利便性を提供いたします。PCオーディオに対応したアシンクロナス伝送USB入力1系統をとネットとの接続に必要なイサーネット入力も装備。

 

ハイレゾ再生のスタイルも環境にあわせ、いくつかのオプションから選択することが可能な設計となっています。リアパネルは、各入力基板ごとに独立されており、必要に応じてバージョンアップ・プログラムが構成できるよう設計されています。

 

 

      《 前ページ 次ページ 》テクノロジー