Meridian 218 クイックスタート with iPhone / iPad

まず、CDプレーヤーを接続して動作確認


 

Meridian218は、ネット環境に接続して、iPhoneやiPadで操作することができます。(アンドロイド端末アプリについては、現在ありません)早速、218とIPad(またはiPhone)を用意して実際に動かす手順を確認してみましょう。下図は、シンプルな接続パターンです。

 

※なお、本機の電源プラグをコンセントに挿すと、

 

・電源がON

・同軸入力を自動選択

・音声出力可能(固定)  となります。

 

この状態で同軸入力にCDプレーヤーを同軸ケーブルで接続して、動作チェックを行うことも可能です。

 

 

■接続イメージ(例)

接続例は、CDプレーヤーと218を同軸ケーブル(別売)で接続。また、Wifiルーターと218をLANケーブル(別売)で接続し、iPad/iPhoneの専用アプリで操作する例です。
接続例は、CDプレーヤーと218を同軸ケーブル(別売)で接続。また、Wifiルーターと218をLANケーブル(別売)で接続し、iPad/iPhoneの専用アプリで操作する例です。

 

手順①

アップルのアプリをダウンロードする。アプリ名は、Meridian IP Controlです。

https://itunes.apple.com/us/app/ip-control/id1210420359?mt=8

 

 

 

手順②

アプリをiPhoneかipadにインストールが終わったら、218のNet端子とルーターをLANケーブル(別売)で接続します。

 

手順③

218の電源プラグを差し込みます。

出荷状態では自動的に電源がONになる設定になっています。

通電されると、パネル最左の青いインディケーターが30秒ほど点滅します。

その後カチッと音がしてから、センターのランプ(D1)が白く点灯するまで待ちます。

(D1)は、同軸端子が選択されていることを示しています。

手順④

インストールしたアプリ:Meridian IP Control を立ち上げると、自動的に218を検出します。>をスライドすると、操作画面が立ち上がります。

最下行の192.・・・・・・がアドレスになります。写真のアドレスは実際と異なります。
最下行の192.・・・・・・がアドレスになります。写真のアドレスは実際と異なります。

手順⑤

操作画面では、アナログ(Ana)、同軸(Coax)、光(Opt)、ネット(Net)の4つのソースが選択できます。

工場出荷状態では、音声出力は固定(FIX)となっていますので、音量調整はアンプで行います。電源のON・OFFは、操作アプリで行うことができます。

 

設定の変更など詳細については、操作ガイドをごらん下さい。

また、変更する前に画面コピーをとるなどしておくことをお勧めします。


《参考》

 

本機の機能設定は、iPhoneやiPadでも可能ですが、パソコンで行う方が画面(ブラウザの画面)が大きくて分かりやすくなります。任意のブラウザのアドレスバーに、アドレス(192.xxx.xxx.xxx.)を打ち込むと操作画面が現れます。

 

 

またブラウザGoogle Chromの自動翻訳を使うと、設定画面も日本語表示になって、必要な機能を探しやすくなります。