~「Meridian そのサウンドとデザインの魅力」探訪

 

メリディアンの魅力を熟知した愛用者や専門店の皆様からいただいた声を素直にお伝えするコーナーです。

また、Meridian の商品の使い方や、話題のハイレゾ音楽などについても取り上げてまいります。

どうぞ、お気軽にお立ち寄りください。 


ボブ・スチュアート氏に聞く ー メリディアンがDSPスピーカーで目指すもの

 

■アクティブ・スピーカーというカテゴリーを創出したメリディアン35年の歴史

 

スマートフォン、あるいはウォークマンやiPodなどコンパクトなポータブルオーディオ機器の普及に伴い、ヘッドホンやイヤホンを使ってアウトドアで音楽を楽しむスタイルが世界各国若年層を中心に広がっている。この傾向にオーバーラップするように、CD以上に高音質なハイレゾ音源の普及も進んでいる。音楽をいい音で聴くことの価値が多くの人々に伝われば、今後はスピーカーで音楽を聴く楽しみ方にもスポットが当たるのではないだろうか。

 

スピーカーで音楽を聴くためには、単体のオーディオプレーヤーとアンプ、USB-DACなどのコンポーネントを揃えて、それぞれをケーブルにつないで再生システムを構築する方法が一般的だが、スピーカー本体にUSB-DACやアンプ回路を内蔵する「アクティブスピーカー」への注目も、ハイレゾの普及とともに高まりつつある。

 

コンパクトなデスクトップサイズのアクティブスピーカーには、代表的なモデルとしてクリプトンの「KS-HQM3」などがある。海外では積極的にアクティブスピーカーを主力モデルとして手掛けるハイエンドオーディオブランドも多い。何より忘れてならないのは、Hi-Fiクラスのアクティブスピーカーというカテゴリーにおいては、イギリスのメリディアン・オーディオが先駆者的なブランドであるということだ。

 

メリディアン・オーディオが最初にアクティブスピーカーを発売したのは1977年のことだった。その後1989年には最初のDAコンバーターとデジタル入力、パワーアンプを内蔵する“デジタル対応”のアクティブスピーカー「D600」を開発。ヒットを飛ばした。矢継早、1990年にはDSP回路を内蔵するアクティブスピーカー「DSP6000」へ発展。これもまた大きな成功を収め、2000年のDSP内蔵スピーカーのフラグシップモデル「DSP8000」誕生へとつながっていった。

 

今ではメリディアン・オーディオのDSPアクティブスピーカーはラインナップを大きく拡張し「DSP7200」「DSP5200」などフロアスタンド型のスピーカーや、インウォールスピーカーにも銘機が名を連ねる。

 

 

 

DSP8000のカットモデル。デジタルで入力を受けてクロスオーバー処理を行う。その後各ユニットの特性に最適化させたDACとアナログアンプを搭載する。デリケートアナログ信号の引き回しはは、ラスト数十cmほどだ。
DSP8000のカットモデル。デジタルで入力を受けてクロスオーバー処理を行う。その後各ユニットの特性に最適化させたDACとアナログアンプを搭載する。デリケートアナログ信号の引き回しはは、ラスト数十cmほどだ。
メリディアン・オーディオでは「スピーカーは楽器である」という考え方のもとDSPアクティブスピーカーを開発している。リアまでデザインは行き届いて美しい。
メリディアン・オーディオでは「スピーカーは楽器である」という考え方のもとDSPアクティブスピーカーを開発している。リアまでデザインは行き届いて美しい。

 

■「スピーカーは楽器である」という考え方

 

一般的にアクティブスピーカーは、ユニットの特性に最適化したアンプを同じキャビネットに組み込むことで、安定感して“いい音”を再現できることが特長と言われている。メリディアン・オーディオのDSPアクティブスピーカーもその例外ではなく、本体に組み込まれた各帯域のユニットごとに特性を合わせ込んだDAコンバーターとパワーアンプを内蔵している点が大きな特徴だ。

 

DSPアクティブスピーカーを開発するにあたって、メリディアン・オーディオのチェアマン チーフテクニカルオフィサーのボブ・スチュアート氏は、「スピーカーは楽器である」という思想を繰り返し述べている。カスタムメイドのスピーカーユニットからキャビネット、アンプをはじめとするエレクトロニクスの隅々まで、音楽を忠実に再現できる楽器のように一体感あふれるスピーカーシステムとして完全度を高めることで、最終的にメリディアン・オーディオが理想とする、アーティストが思いを込めて演奏した音楽を、ありのままの状態でリスナーに届けられる環境が形を成す。

 

メリディアン・オーディオでは、スピーカーとソース機器の接続について独自の「Meridian SpeakerLink」と呼ばれる独自のインターフェースを採用している。DSPアクティブスピーカーを発売した当時は同軸タイプのデジタル接続としていたが、これにさらなる進化を加えることで完成したのがRJ45ベースのフラットケーブルだ。

 

1本の線でデジタルオーディオ信号を暗号化して送れるだけでなく、コントロール信号も流すことができる。メリディアン・オーディオではDSPアクティブスピーカーと組み合わせられる「Meridian SpeakerLink」対応のデジタルサウンドプロセッサーを数多く商品化しており、レコード盤などアナログソースもデジタルサラウンドプロセッサーを介すことで、同社のDSPアクティブスピーカーでより高品位に再現できる。

 

続きを読む 1 コメント

ヘッドホンの潜在能力を最大限に引き出すデュアル・ドライブケーブル

Primeヘッドホン・プリアンプを120%楽しむ!

続きを読む 0 コメント

別体電源ユニットとシステム販売。「プライム」の限定バージョン

Prime のLimitedバージョンについて

オーディオアンプにとって電源部は音質上のベースとなる存在であることは言うまでもありません。しかし、同時に大きなトランスなど磁束や振動や熱対策をあれこれ、とったとしても電源部は、デリケートなオーディオ信号にとっては皮肉にもノイズ源でもある、ということには変わりありません。理想的な電源部がどうあるべきか、その答えの一つの究極が電源ユニットの別筐体化です。英国のハイエンドコンポでも、こうした電源部の別筐体化はしばしば行われてきました。

 

Primeの限定バージョンは、Prime本体と別体の電源ユニットのセット商品です。量産することが困難なウルトラ・ローノイズの手巻き薄型トロイダル・トランスを使っているため、日本向けに確保できる台数が残念ながら限定されています。Primeのアルミ2重シャシーに加えて、ノイズを遮断するためのアンダーベースを介してトロイダルトランスをマウント。その美しい内部構造は公開されていませんが、その繊細で合理的なレイアウトはメリディアンのDSPスピーカーやフラッグシップの800シリーズのリニアパワーサプライの開発ノウハウが反映されたものと言えるものです。

 

Prime単体と比較してみるとヘッドフォンでもスピーカー試聴でも音楽表現の奥行きが増し、全体域でより安定したバランスの良いサウンドが得られるとともに、聴感上の静かさが音のディテールをより豊かに際立たせる印象があります。また低音部の深さ、表現力にも安定して高い評価を得ています。(試聴レビュー参照)

 

電源ユニットはPCからのUSB信号を受けてPCからの5V電源ではなく、電源ユニットによるクリーンな5V電源を供給するための、USB入力と出力端子が装備されています。すなわち、USB信号はPCから電源ユニットを経由して送られる事になります。こちらからの問い合わせに対してメリディアンから、USB信号そのものには、何も足したり引いたりすることは行っていないと回答がありました。

 

プライム本体は直流12Vで駆動されます。電源部のリアパネルを見ると、そこにはなぜか12V電源が5つも並んでいます。将来このサイズで他のコンポも開発されるのでは?と期待して、これもメリディアンに質問をぶつけてみました。残念ながらニコニコしながら今のところは予定はない、との回答でした。

 

どちらにせよ、この電源部がプライムをドライブする能力としては相当の余裕があることは間違いないでしょう。また、オーディオ用の電源タップにACアダプターをつなぐのに抵抗を感じる人も少なくないと思います。見た目もゴチャゴチャします。この限定商品は決して潤沢で安定した供給体制とは言えない状態のため、少数を輸入して限定販売とさせていただいている状況です。

 

メリディアンからは、デスクトップのハイエンド、という打ち出しだった本機ですが、DAC搭載プリアンプとしては入出力も機能も最小必要限度にしたことが音質クオリティというコアな付加価値を上げることに功を奏したと思います。

 

オーディオ信号基板は6層高密度たった1枚に集約、そして表示ディスプレィもランプのみとノイズ源になる要素を排してシンプルに割り切ってハイエンド・クラスの音楽表現力を頑固に維持したのだと思います。DACとしてもメリディアンらしい表現力を備えておりMQAの再生でも、やはり電源別筐体のリミテッドは次元の異なるさらなる音の深みが得られ、特に低音域では明快な能力の差を感じさせる、という声をお聴きすることが多くあります。

 

外観上も電源部と本体を重ねてもデザインは美しく、横置きでもすっきりレイアウトしていただけます。弊社のデモ機は、電源コネクターの入力端子部をミッキーマウス型から通常のインレットタイプに少し手を加えて改造してみました。

 

 

 

続きを読む 0 コメント

「自らの耳で吟味した品揃えで新品も扱う」 ~U-Audio(東京都 渋谷区)


セレクトショップ探訪記 01

マジコからかつてのJBLモニターまで事前に予約しておけば好みのスピーカーで試聴させてくれる。この日聴いたのは独・マニュファクチャのエリプスII。木組みのエンクロージャーにはムンドルフの技術が凝縮。小柄ながらスキャンスピーク製のベリリウムトゥイーターや背面のパッシブラジエーターなど凝った製品だ
マジコからかつてのJBLモニターまで事前に予約しておけば好みのスピーカーで試聴させてくれる。この日聴いたのは独・マニュファクチャのエリプスII。木組みのエンクロージャーにはムンドルフの技術が凝縮。小柄ながらスキャンスピーク製のベリリウムトゥイーターや背面のパッシブラジエーターなど凝った製品だ

  

 2000年創業のU-Audioは、ゆっくり聴いて選べるオーディオショップ。2007年頃からはユーズドに加えて新品の取り扱いも始めるが、他のオーディオショップとはコンセプトが少し異なる。

 

「何でも扱うというよりは、輸入品の中でも自分たちの適性に合ったものだけをセレクトして扱うことにしています」

 中古品が所狭しと陳列されているというよりは、店内中央の大きなソファでゆったりと試聴が楽しめる。大口径のガラス窓からはグリーンが見え、エントランスにはウッドデッキがある。店のロケーションからしてユニークだ。

 

 CD等のディスク再生やPCオーディオ、そして最近引き合いが増えたアナログ再生もカバーする。

「PCオーディオは、Mac、リナックスいずれも対応しています。USB DACも、私たちのオススメを絞り込んで取り揃えました」

 そのラインナップの中に、メリディアンのPrimeヘッドフォンアンプやEXPLORER2、DIRECTOR ダイレクトDACがある。

続きを読む

最少限のコストで、あらゆるソースがメリディアンサウンドに ~東京都 小菅さん


ユーザーリポート 01

Macを繋いでAudirvana PlusでNASのファイルを、TIDALでストリーミング再生を楽しむ
Macを繋いでAudirvana PlusでNASのファイルを、TIDALでストリーミング再生を楽しむ

 悶々とした日を過ごすうち、ネットを検索して偶然に知ったのが、メリディアンのDIRECTOR ダイレクトDAC。USBおよびS/PDIFデジタル入力&RCA出力のみというシンプルなDACです。これなら私にとって必要なところに絞ってコストが掛かっているはず!

 

 かつて輸入代理店がアクシスさんだったとき、わがホームシアターのメインシステムにメリディアンの500シリーズやGシリーズを使っていたことを思い出しました。ブルーレイとHDオーディオに対応しなかったため一式手放しましたが、ヴォーカルの濃密な表現、弦楽器の滑らかな響きは、他にない魅力でした。

 

 さらにDIRECTOR ダイレクトDACの謳い文句を読むと、「メリディアンのアップサンプリング技術がオリジナル音源の音楽性を引き出す」(※注)。「PCだけでなく、テレビやCD、ファイルオーディオまでのデジタルソースと、貴方のアナログハイファイシステムの架け橋となります」。

 

 つまり、これをひとつ追加するだけで、オーディオ・ビジュアルのあらゆるソースの音が、かつて愛したメリディアンサウンドに変身するという訳です。しかも費用は10万円以下、それも私にとって必要にして十分な機能で!

続きを読む